睡眠時間が影響する薄毛

薄毛の原因の一つ、生活習慣の乱れ。
睡眠時間の影響も大きいと言われます。
うまく睡眠をコントロールすれば、育毛も可能です。

まずは睡眠時間の『量』の影響から。

髪の毛の成長には、睡眠の絶対量が必要です。
育毛を司る毛母細胞に栄養が運ばれるのが、睡眠中だからです。

日中に髪が受けたダメージが回復するのも、睡眠中です。

忙しい日常で、充分な睡眠時間確保は難しいですが、
育毛のためには、少しでも長い睡眠時間が必要なのです。

次に、睡眠の『時間帯』の影響を説明します。

長時間眠ってさえいれば、それが昼でも夜でも同じ、
というわけではありません。

実は、育毛のゴールデンタイムというものが存在し、
夜の22時~2時の間と言われています。

これは、成長ホルモンの分泌が最も増える時間帯で、
皮膚の若返り効果が期待できるのです。

太陽と共に寝起きしていた時代、人間は夜間に眠るのが普通で、
質の良い睡眠による新陳代謝が、あたりまえに行われていました。

しかし、夜間でも明かりが灯る現代、生活は24時間化し、
かつての営みが維持できなくなっています。

一説には、この生活スタイルの変化が、
薄毛を増やした原因の一つとも言われています。

育毛のためにも、質の良い睡眠を心がけて下さい。